リクルートのガーディアン・ガーデン企画、CREATION Projectに飯田竜太が参加しています。

CREATION Projectとは、日用品などをアーティストがデザインして、その商品の売り上げをセーブ・ザ・チルドレンに寄付する、という企画。飯田竜太が2004年にガーディアン・ガーデンのひとつぼ展のグランプリを受賞して以来、この企画に参加しています。

先日、デザインした靴下が完成し、このプロジェクトでチャリティー販売されています。写真をUPしたいのですが、見つからないのでリンクを貼っておきます。色々なアーティストのデザインが見られるので、興味深いですよ。

→つつの靴下展

過去のチャリティー作品もサイトに紹介されているので、ぜひご覧になって見てください。うちにも過去の作品がいくつかあったので、ちょっと写真を撮って見ました。

バッグとマフラーとカップです。バッグは夫が使い込み過ぎていて、もうボロボロ。マグカップは家族で気に入っていて、愛用中。マフラーはうっすら黒いデザインが入っているのですが、近視の私にはただの紺色マフラーにしか見えません。しかしながら、ニットの素材がいいせいか、とっても肌触りが良いので、時々こっそり借りています。

夫はマフラーが嫌い。昔バイクに乗っている時に、首に絡みつき大変なことになったことがトラウマとなり、滅多にマフラーをしません。なので冬はいつもネックウォーマーをしています。先日、ボス(コーヒーのBOSS)のネックウォーマーが突然うちに郵送されてきたので、お勧めしましたが、使ってくれませんでした。夫が自販機でボスを買った時に応募したらしい。使わないのになんで応募したんだろう。ボスジャンが当たったらどうするつもりだったのか。不思議です。

お正月明けに新しい展示(グループ展)がありそうです。また詳細がわかり次第、お知らせします。